葬祭ディレクターとは

葬祭ディレクターとは

葬儀に関する資格には「葬祭ディレクター」と「エンバーマー」の2つがあることをご存知でしょうか。そのうちのひとつ「葬祭ディレクター」についてお話ししたいと思います。

フューネラルディレクターとも呼ばれますが日本では「葬祭ディレクター」と呼ばれ、平成8年から始まりました。厚生労働省が認定している「葬祭ディレクター技能審査」制度において実施される、「葬祭ディレクター技能審査協会」が行っている資格のことをいいます。よく「厚生労働省認定 葬祭ディレクター○級」といった表記を見ると、厚生労働省が認定した資格のような受け取り方をされそうに思えますが、厚生労働省が認定しているのは葬祭ディレクター技能審査協会が実施している技能審査制度のことを指しています。

葬祭ディレクターには、1級と2級の資格があります。葬儀全般に関する知識や、技能、消費者保護などの試験があり、葬祭業界に働く人に必要な知識と技能のレベルを示す目安となっています。資格をもっていることで、これから葬儀を行う遺族にとっては専門職として認知されやすく、信頼度も高まるようです。葬儀のプランニングと運営までをトータルで行える葬祭ディレクターには、一番に細やかな心配りが必要とされる仕事です。そうでありながら、悲しみを抱えた遺族の気持ちを受け止めながらも、予算内でのプランニングとその内容で実行していく組み立てが出来なくてはならないのですから、メンタル面でもとても強さのいる仕事と言えると思います。

不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資 不動産求人 町田

いまでは葬祭ディレクターを育てる専門学校もでき、若い人材の育成もされています。専門学校では、葬儀への心得のほか、司会、室内装飾(幕張りや祭壇の準備)、フラワーデザイン、遺族側の気持ちが理解できるよう心理学などの勉強もあり、実践で役立つようなカリキュラムが組まれているようです。形式だけではない心のこもった葬儀やお別れ会をしたいと願う人や遺族が増えたため、それに対応できる人材が求められている時代の需要の高まりを感じますね。高齢化社会の波に乗り、また、就職難のこの時代、今後も注目株の資格となりそうです。

 

残業代 横浜市町田 ゴルフスクール

葬儀のことなら町田市の葬儀社にお任せ

Calendar